自動車保険の等級を下げないコツ

自動車保険の等級を下げないためには無事故を心がける事が一番の近道です。しかし、運転をしていればどうしても人間ですからトラブルに遭ってしまうという事も、無いとは良い切れませんね。もしトラブルを起こした場合でも、等級を下げないですむようなコツについて説明します。

事故に遭ったから、そこ際に払うべき費用は保険会社、という認識は完全に正解とは言いがたいです。保険会社に加入してるのに、なんで自腹を切らないといけないのだ、と思いがちですがそれによって等級が減らずに済み、その等級の割引率によって自腹を切った分を充分カバーできる位に元を取れるというケースが沢山あります。

事故=等級が下がる、ではありません。事故→保険を使う=等級が下がるのです。 ですから事故→保険を使わなければ、当然等級が下がるという事はありません。

自賠責保険、任意保険の2つがありますが、まず事故が起きた際は自賠責保険が適用されます。 自賠責保険は自動車を運転するのであれば、加入が義務付けられていますからこれに入っていない人は基本的に居ないと考えて間違えないでしょう。

この自賠責保険が適用されても、まだお金が足りない…そこで任意保険、つまりあなたが加入している保険会社から保険金を貰うという事になります。

しかしこの任意保険金に関しては、受け取るか受け取らないか…つまり保険会社を使うか使わないかは自由です。ここで使用しなければ当然等級には響きません。

等級が上がれば保険料もかなり安くなります。それを考えると、多少の金額なら自腹を切ったほうがお得になるという事です。

またあきらかに相手に過失がある事故などは、保険を適用しても等級は下がりません。上がりもしませんが、下がる事はありません。

こうした例外が沢山ありますから、しっかりチェックして起きましょう。 自動車保険の等級を下げないコツは、一番は事故をしないですが、した場合も極力保険金を貰わないようにする、また例外をしっかり把握しておくという事でしょう。