自動車保険の等級を中断できる中断証明書

自動車保険を途中で解約し車を手放さないと行けない、事故や災害などにあって廃車になってしまった、人に譲る、海外で数年働く事になった…様々な理由から、一時的に運転を中断しなければならなくなる状況に遭遇するかもしれません。

せっかく優良ドライバーとして長く運転し、等級もかなり上がったのに一時的に運転を中断する事で等級も失ってしまうというのはもったいないものです。

そういう人の為に存在しているのが、中断証明書というものです。この中断証明書があれば、間が空いてしまっても次回保険会社と契約をする際に等級を引き継ぐ事が可能となります。

この中断証明書は、7等級からもらう事が出来ますから、少しでも等級が初期より上がったのなら発行するべきだと思います。そしてその効果は最長10年間継続されます。

ただいつでも発行可能というものではありません。保険契約時の翌月から13ヶ月内が期限ですからご注意下さい。

また解約日および満期日までに、廃車をしたり他者へ譲る、リース業者への返還手続きが完了しているといった、実際手元に車が無くなっているという事が必要です。車検証の有効期限も切れている必要があるなど、いくつかの最低条件は満たしている必要はあります。

現在は手続きもかなり簡単で、インターネットで証明書を発行してもらうという事も可能です。必要なものは、中断証明書発行依頼書、現在加入中の自動車保険の証券のコピー、車検証のコピーといってものです。加入されている保険会社などが、詳細をちゃんと説明してくれるはずなのでよく確認しましょう。

発行してもらった中断証明書を、再度保険に加入する際に必要書類と共に持って行く事で等級が引き継がれた形で契約が出来ます。

またこの際、車の所有者が同じだったり、自動車の車種区分や用途が一緒といった最低条件は満たしている必要になります。

自動車保険の等級は、簡単に言えば、中断証明書があれば、中断以前と全く同じ条件でまた運転を再開するのであればちゃんと等級が引き継がれて保険契約が出来るという事になります。