自動車保険の等級を家族へ引継ぎ(継承)

自動車保険の等級は、1人だけのものとしてしか適応出来ない訳ではありません。例外的に家族間での等級の引継ぎは可能となります。

長く安全運転を心がけた優良運転手の方は、等級も上がっている方が多いはずです。中には最高の20等級になったなんていう方も居るかもしれません。

しかし年齢的な問題などから、運転から遠ざかってしまったという方も居るかもしれません。それに反して、お子さんが成長し、運転免許を取得しドライバーとしてデビューした。こういう場合、この親子間の引継ぎは大変便利です。せっかく親御さんが上げた等級を無駄にしないで済む訳ですから。

ただこの家族間への等級の引継ぎにはいくつか条件があります。一番大きい事は、同居の必要性でしょう。配偶者は、例え内縁関係でも構いません。配偶者の親族でも問題ありません。

ですから別に親から子という形でしか引き継げないという訳ではなく、夫婦でも兄弟でも、問題はない訳です。しかし絶対条件としては同居している配偶者、親族に対してでないと引継ぎが出来ません。ただ引き継ぎをした後に、同居しなくなったというような場合は特に問題がありません。

良くあるパターンとしては、わが子が高校三年生で免許を取得。ただ大学進学の為に春から上京する予定になっている。この場合、高校在学中…つまり同居中に引継ぎをすれば、たとえ子供が上京して親元から離れてしまったという事になっても引継いだままで問題ありません。

この等級の引継ぎを望んだ場合、相談すべき場所は契約中の保険会社という事になります。保険会社によっては若干の手続き上の違いがあるようですが、おおむねどの会社も似たようなものだと思います。詳細は各自加入している保険会社にご相談下さい。

せっかくあげた自動車保険の等級を、運転しなくなってただ無駄にしてしまうというのはもったいないですね。ご家族に現役で運転をする人がいるのならば、是非この等級の引継ぎを検討してみてはいかがでしょうか。