自動車保険の等級を他の保険会社へ引継ぎ(継承)

自動車保険を使わずに長く無事故で居て、等級も上がり保険料金も大幅に割り引かれるようになった。その等級を他の保険会社に変えても継続したいものでしょう。

もちろん、等級を継続する事は可能です。しかしいくつか注意点がありますから、それについて説明していきます。

まず等級の引継ぎが可能なのは民間損保、共済、農協のノンフリート契約の場合のみです。組合保険やフリート契約の場合は継続が出来ませんのでご注意下さい。

またある会社での契約が満期になったとしましょう。その場合、他者の保険会社で契約し、等級を引き継ぐ場合は、満期日の原則、7日以内までが可能ですからご注意下さい。

なお特別な理由(車を諸事情で使わないため、保険加入の必要性が無い)で保険会社にしばらく契約しないけれど、数年後契約再開し、その際等級を引き継ぐ事は、「中断証明書」というものがあれば可能です。10年の有効期限があり、大変便利ですから一時的に契約を中断する必要がある方はこの証明書の申請をおすすめします。

また更新のタイミングで、他社に移ろうとした場合、大抵一年間事故なしプラス1等級という計算をしてくれます。

もちろんこのように、良い等級を継続する事も可能ですが、5以下の等級も引き継がないといけないという事に注意して下さい。

他社との契約時に保険事故を起こし、等級が下がってしまったから、新しい保険会社で1から(正確には6等級から)やり直してしまおうという考えは、通用しないという事です。過去の保険事故について隠そうとしても、保険会社同士が情報を共有していますから、絶対にばれてしまいます。

正確にいうと契約時点ではばれずにいる事は可能ですが、必ず2,3ヵ月もすれば情報が伝わってばれてしまいます。そうなれば契約時は6等級だったとしても、後々以前の保険会社での等級に下げられてしまうということなのです。

自動車保険の等級や過去の事故については、隠さずに正直に新しい保険会社に伝える必要があります。もちろん、他社で7等級以上に昇格した方は、上記に書いた条件を満たしている限りかならず継続出来るようにして下さい。