自動車保険のノンフリート等級制度について

自動車保険には割引制度があります。

まず保険会社との契約には大きく2つわけてノンフリート契約、フリート契約になります。10台以上の車に適応する、主に企業向けの場合がフリート契約となりますから、一般の運転者はノンフリート契約と考えてよいでしょう。

ノンフリート契約におけるノンフリート等級制度というものが、自動車保険の割引制度です。等級は1から20等級までとなり、保険事故の回数と保険契約期間数などを照らし合わせた結果で等級が上下します。

初回契約時では通常6等級となり、保険事故を起こせば3等級下がり、無事故のまま翌年、保険継続をすれば1等級上がります。

また1等級となってしまうと、通称DOR(do not renew 和訳 更新するな)等級となってしまい次回の更新継続を断られたり、他者の保険会社においても新規登録できないという事なる可能性もありますから気をつけましょう。

この等級による割引率はかなり大きく、20等級になれば6割引きにまでなります。等級による割引率を解りやすく示してみましょう。


等級  保険料割引率(%)
20 −60
19 −60
18 −60
17 −60
16 −58
15 −55
14 −55
13 −55
12 −50
11 −45
10 −40
9 −40
8 −30
7 −20
6 −10
5 −10
4 0
3 +20
2 +30
1 +50


保険会社によって若干の違いはありますが、自動車保険の等級はおおむねこのような形になります。

保険事故を起こさなければ一年後で20%割引となりますし、その翌年も30%…とかなり上がる計算になります。また、保険事故というのはあくまで事故を起こして保険を使った、という事ですから事故を起こしても保険を使わなければ事故とカウントされません。

ですから事故の際は、保険会社からの補助金と、ノンフリート契約上のメリットにより保険料が浮くお金、どちらが結果的に得なのかと計算して保険の使用を考えるというのが賢い保険会社の使い方といえるでしょう。