自動車保険の等級とは

自動車保険には、最長で自動車保険料の6割が免除されるなど、優良運転者にとって大変メリットのあるシステムになっています。

6割と言えば、おおよそ年間で数万円の料金がかからなくなるという計算ですから、金額的に大変大きいメリットです。

なぜこういったメリットが生じるか。それは自動車保険にある、ノンフリート等級、通称等級という制度があるからです。この等級という制度は一体どういったものか、説明していきます。

等級は最高20等級まであり、当然数字が上がればそれだけ保険会社の待遇は良いものとなります。何によって等級が上がるかというと、自動車保険に加入してからの年月に対して、どの位事故があったかを比べ、事故数が少なければ少ないほど上がるというものです。

この等級についてより詳しくシステムを説明していきます。まず運転者が保険会社に加入した時点で、等級は6です。

なぜ1からじゃないのか?というと、それは事故などを起こした際等級が下がるため、予め初期で6と設定されているのです。当然6より下がれば逆に、保険料金が初期の段階に比べて高くなってしまいます。

正確にいうと、初期の6等級では10%の保険料割引で4等級ではその割引が0となります。そして、3、2、1等級と下がるにつれ2割、3割6割と逆に割高になります。

ちなみに等級が5以下(初期値以下)となった場合、他の保険会社にすれば6からやり直せるじゃないかと考えるかもしれません。

しかし保険会社は運転者の情報を共有していますから、他の保険会社に変えたから下がった等級が元に戻るという事はありませんのでご注意下さい。

一度の事故でどの程度の等級が下がるかというと、おおむね3です。

ただこれはあくまで保険を使った場合に下がるのです。軽度の自損事故といったケースで自腹を切ったり、道路交通法違反に差し支えない程度の損失なら放っておくという風にした場合は等級は下がりません。

また盗難や災害による被害、また故意に他者に傷つけられたようなケースでは保険を使っても等級は下がりません。

20等級までといかなくてもそれなりの等級にある優良運転手であるなら会社を変えるのも良いかもしれません。

上記のように保険会社同士、自動車保険の等級情報を共有しています。事故の情報もそうですが、優良運転手だという情報も共有しているのです。

他の保険会社に加入した方が安くつくケースもありますから、ネットの無料見積もりなどを参考にするのも良いかもしれません。